焦眉之急【しょうびのきゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
焦眉之急

「焼眉之急」とも書く。

【読み方】
しょうびのきゅう

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
危険や急用が切迫している事態のこと、またその度合いを強調していう。眉が焦げるほど火の勢いが迫ってきて危険であるという意味。緊急事態。

「焦眉」は、眉毛が焦げること。

【語源・由来】
『五灯会元』「一六」より。

「焦眉」は眉を焦がすほど火が迫っていること。

【類義語】
・轍鮒之急(てっぷのきゅう)
・燃眉之急(ねんびのきゅう)
・風前之灯(ふうぜんのともしび)


焦眉之急(しょうびのきゅう)の使い方

健太
ともこちゃん。ピンチだよ。
ともこ
まあ。健太くん。真っ青な顔をしてどうしたの?
健太
急におなかがぐるぐる言って痛くなってきたんだよ。
ともこ
焦眉之急じゃないの。この辺にトイレはないわよ。走って探すわよー。

焦眉之急(しょうびのきゅう)の例文

  1. 日本の夏が熱帯化して、熱中病による死者が年々増加する今、温暖化対策が焦眉之急であることは間違いないです。
  2. 現場の人員不足は、焦眉之急を告げている、今すぐに増員をお願いします。
  3. 健太くん、焦眉之急だ、のんびり寝ている場合じゃないぞ。
  4. 焦眉之急だから、上司の判断を仰いでなんていられない、全責任は私がとるから、今すぐ実行せよ。
  5. 川が氾濫しそうなラインを超えて、焦眉之急を告げている、今すぐに周辺住民の避難を呼びかけるべきです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事