十年磨剣【じゅうねんまけん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
十年磨剣

【読み方】
じゅうねんまけん

【意味】
長い期間武術の修練を積むこと。また、武術の修練を積み、力を発揮する機会を待つこと。十年の間、一振りの剣を磨くという意味から。「十年、一剣を磨く」を略した言葉。

【語源・由来】
賈島「剣客」より。


十年磨剣(じゅうねんまけん)の使い方

ともこ
健太くん。聞いた?東京でオリンピックが開催されて、しかも空手道がオリンピックの種目に追加されたんですって。
健太
うおー。十年磨剣、努力し続けてきた甲斐があった。ようやく僕の努力が日の目を見る時が来たよ。
ともこ
ずっとオリンピックに出たいって言っていたもんね。
健太
オリンピック選手の孫を持つことが、おばあちゃんの夢だったんだ。絶対金メダルをとってくるよ。

十年磨剣(じゅうねんまけん)の例文

  1. 上杉謙信は、武田信玄を討つために十年磨剣してきました。
  2. 十年磨剣のように、いざという時に備えて努力を怠ってはいけません。
  3. 私は、いつか役に立つ日が来るかもしれない、十年磨剣だと思って、勉強を続けてきました。
  4. 物理って何のために勉強するのかって、十年磨剣、いつか来るその日のために学ぶんだよ。
  5. きっと健太くんと剣を交えるこの日のために、十年磨剣してきたんだと思いました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事