花顔柳腰【かがんりゅうよう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
花顔柳腰

【読み方】
かがんりゅうよう

【意味】
顔が花の様に美しく、柳のようにしなやかな腰という意味。
美人という意味で使われる。

【由来】
「花顔(かがん)」とは、花のように美しい顔ということ。
「柳腰(りゅうよう)」とは、柳のようにしなやかな腰ということ。

【類義語】
・花顔雪膚(かがんせっぷ)
・雪膚花貌(せっぷかぼう)

【対義語】

【英語訳】
flower face lender waist.


花顔柳腰(かがんりゅうよう)の使い方

健太
ともこちゃんは、この本を読んだことがあるかい?
ともこ
読んだことがあるわ。とても美しい女性が出てくるけれど、少しこわいと思ったわ。
健太
ぼくもそう思うよ。みんなその女性に魅了されるけれど、女性は誰にも心を開かないんだよね。
ともこ
花顔柳腰の人で、ミステリアスでもあるわね。

花顔柳腰(かがんりゅうよう)の例文

  1. どんな女性か好みかと問われて、花顔柳腰の人と答えたけれど、なかなか出会うことは出来ないのではないかと言われてしまった。
  2. 彼女は花顔柳腰というのにふさわしい人だが、柔らかい口調でとても親しみやすいので、みんなに好かれている。
  3. 花顔柳腰な人だと言われていた女性が、今はぼくの妻として隣にいてくれるなんて、とても幸せなことだと思っている。
  4. 若い頃は、花顔柳腰というのにふさわしい人だと言われていたのよ、といって祖母が写真を見せてくれた。本当に、とても美しい姿が写真に収められていた。
  5. 姉は花顔柳腰な人だといつも言われているけれど、私も美人に生まれたかったと思う。

まとめ

花顔柳腰というのがふさわしいような、美しい女性に出会ってみたいものではないでしょうか。
容姿の美しさだけでなく、内面も美しい女性というのは、そう多くないのかもしれません。
しかし、容姿も内面も美しい女性になることができれば、すばらしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事