改過自新【かいかじしん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典類義語・英語訳)

【四字熟語】
改過自新

「過ちを改ため自ら新たにす」と訓読する。
【読み方】
かいかじしん

【意味】
自分の過ちを改めて、気分を新たにすること。自らを省み、そして進歩向上すること。

【語源由来】
「改過」は過ちを認めること、「自新」は改心して気分を一新すること、再出発すること。

【典拠・出典】
史記』呉王濞伝

【類義語】
・改過作新(かいかさくしん)
・悔過自新(かいかじしん)
・改過遷善(かいかせんぜん)

【英語訳】
・turning over a new leaf
・getting a fresh start


改過自新(かいかじしん)の使い方

健太
はあ、この失敗が無かったら今頃・・・・・・。
ともこ
どうしたの?
健太
テストで1問間違っちゃって。それがなければ100点満点だったのに・・・・・・。
ともこ
惜しかったわね。これを改過自新にして、次回こそ100点ゲットね!

改過自新(かいかじしん)の例文

  1. 改過自新して、同じような失敗を繰り返さないようにしたいものだ。
  2. 彼はここで改過自新しなければ、同じミスを繰り返すに違いない。
  3. 敗者は改過自新してこそ、次のステージに立てるというものだ。
  4. 改過自新し、気持ちも新たに明日からの試験に臨もうと思う。

まとめ

『史記』は中国前漢・武帝の時代に司馬遷によって編纂された中国の歴史書です。その中の呉王濞伝(ごおうびでん)にこの「改過自新」が出てきます。
呉王濞伝にはこのほかにも「恨み骨髄に徹する」(うらみこつずいにてっする)などの名言があります。戦乱に明け暮れた時代に生み出される言葉だけあって、非常に説得力が強く感じられます。「改過自新」も自己の過ちを素直に認め、心機一転出直す意味ができあがりました。過去を引きずっていてもなかなかうまくいかないものです。しかしながら、なぜそのようになったのか、という反省なくしては善後策を立てることができません。過ちを素直に認め、反省することを反省してこそ、新たな気分で取り組めるのでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索