感孚風動【かんぷふうどう】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
感孚風動

【読み方】
かんぷふうどう

【意味】
人の心を感動させ、感化すること。

「感孚」は、相手のまごころを感動させること。「孚」は、まこと。「風動」は、風が草木を動かすようになびき動かすこと。感化すること。

感孚風動(かんぷふうどう)の使い方

健太
ともこちゃんのスピーチは、すばらしいよ。
ともこ
そう?
健太
聴衆みんなを感孚風動するよね。
ともこ
ありがとう。政治家になろうかしら。

感孚風動(かんぷふうどう)の例文

  1. 健太くんの小説は、感孚風動する影響力のある作品だ。
  2. いつかゴッホのような感孚風動する絵を描きたい。
  3. ともこちゃんのように感孚風動する人の心を揺さぶるような人間になりたい。
  4. 今回のドラマは、感孚風動するような素敵な脚本でした。
  5. 感孚風動しようと思っているわけではないのだけれども、私の言葉に人々は感化される。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事