班荊道故【はんけいどうこ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
班荊道故

【読み方】
はんけいどうこ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
昔の友達とばったり会って昔の親交を思い、語り合うこと。

【語源・由来】
『春秋左氏伝』「襄公二六年」より。いばらを布いて座り語り合うという意味。「班荊」はいばら(草)を布くこと。転じて、昔の友人にばったり会うこと。
「班」は布に同じ。「道故」は事を言うこと。「道」は言に同じ。「故」は出典ではある特定の事だが、この熟語の場合は昔の事という意味に解してもよい。
中国春秋時代、楚の伍挙は讒言にあって晋に逃げようとしたとき、旧知の声子とばったり会い、草を布いてともに食事をして語り合い、挙が晋に帰りたいとの意向に、声子が「私がきっと戻してあげよう」と言った故事から。


班荊道故(はんけいどうこ)の使い方

ともこ
健太くん遅いじゃないの。30分の遅刻よ。
健太
ごめんねー。班荊道故していたんだ。
ともこ
へえ。そんなに久しぶりに会ったの?
健太
5年ぶりだったんだ。ついつい昔話に花を咲かせてしまって、遅れてごめんね。

班荊道故(はんけいどうこ)の例文

  1. 十年ぶりにあった友人と班荊道故しました。
  2. 小学校卒業以来会っていなかった友人と班荊道故しましたが、外見は大人になっていても内面は変わらず純粋なままでした。
  3. 班荊道故して旧交を温めました。
  4. まさか健太くんと班荊道故することができるなんて、今日はこっちの道を選んでよかった。
  5. 班荊道故していると、あのころに戻ったような気がしました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事