誨淫誨盗【かいいんかいとう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
誨淫誨盗

【読み方】
かいいんかいとう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
人を悪事に誘い入れること。「誨」は教えること。「淫」はみだらなこと。「盗」は盗みのこと。

【語源・由来】
「易経」繋辞伝・上より。淫らなことや盗みを教えるという意味から。元は、女性の色気のある仕草は人をみだらな気持ちにさせるようなものであり、戸締りを怠ることは盗みをけしかけるようなものであるという戒めの言葉。

【類義語】
・誨盗誨淫(かいとうかいいん)


誨淫誨盗(かいいんかいとう)の使い方

健太
夏休みの宿題が終わらないよ。
ともこ
健太くん。今年も宿題が終わらないの?
健太
そうなんだ。こうなったら、友達に宿題をボイコットしようって声を掛けようかな。みんなで宿題をやらなければ、先生も何も言えないでしょう。
ともこ
誨淫誨盗なんて、そんなことしてはいけないわ!悪いことを考える暇があったら宿題をやりなさい!

誨淫誨盗(かいいんかいとう)の例文

  1. 誨淫誨盗して仲間を集め、銀行強盗を予定しています。
  2. あの子は優しいから、友達に誨淫誨盗されて断れなかっただけだと思います。
  3. 誨淫誨盗、万引き行為を誘われましたが、断りました。
  4. 健太くんはお兄さんから、誨淫誨盗されて悪いことを覚えたようです。
  5. クラスに一人でも素行の悪い子がいると、誨淫誨盗されてしまう子が出てきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事