華胥之夢【かしょのゆめ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
華胥之夢

【読み方】
かしょのゆめ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
良い夢のこと。または、昼寝のこと。「華胥」は夢の中にある理想郷。

【語源・由来】
「列子」黄帝より。中国の伝説の聖天子の黄帝は、昼寝をしていると華胥という国に行く夢を見た。華胥では、人民に不満などが何も無く、理想的な政治が行われていた。夢から覚めた黄帝は、その国を見習った政治をすると、自国をうまく治めることができたという故事から。

【類義語】
・華胥之国(かしょのくに)

【スポンサーリンク】

華胥之夢(かしょのゆめ)の使い方

ともこ
健太くん。何をしているの?
健太
今日、華胥之夢を見たんだ。ここを掘ると小判が出てきて大金持ちになる夢だったんだ。
ともこ
へえ。本当に小判が出てくると良いわね。
健太
うん。本当に出てくる気がするんだよ!

華胥之夢(かしょのゆめ)の例文

  1. 受験に合格するという華胥之夢をみたので、がぜんやる気が出てきました。
  2. 今日は気温がちょうどよく、心地よい日だったので、芝生の上で華胥之夢を楽しみました。
  3. この学校は、お昼休みとは別に、華胥之夢の時間があります。
  4. 宝くじが当たる華胥之夢を見たので、買いに走りました。
  5. 健太くんは、全国大会で優勝するという華胥之夢を見たそうですが、現実の世界での努力が足りないと思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事