家書万金【かしょばんきん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
家書万金

【読み方】
かしょばんきん

日本漢字能力検定
4級

【意味】
一人で寂しいときに、家族から届く手紙は何よりも嬉しいということ。「家書」は実家からの手紙。「万金」は大金という意味から、極めて価値があることのたとえ。

【語源・由来】
杜甫「春望」より。旅先などで一人っきりで寂しいときに、家族から手紙は大金のような価値があるということから。


家書万金(かしょばんきん)の使い方

健太
兄さんが今、イギリスに留学しているんだ。
ともこ
へえ。手紙を書いたりしているの?
健太
うん。家書万金っていうように、家族からの手紙は励みになるって言っていたよ。
ともこ
健太くんからの手紙のおかげで、ホームシックにならずに済んでいるかもしれないわね。イギリスの生活を楽しんで、目いっぱい勉強してきてほしいわね。

家書万金(かしょばんきん)の例文

  1. 単身赴任中に届いた、娘からのメールは、家書万金に値します。
  2. 遠くに住む孫からの手紙は、家書万金、私の宝物です。
  3. 初めての独り暮らしで、家族からのメールは、家書万金で私を勇気づけてくれました。
  4. 一人で悩んでいるときに届いた家族からの手紙は、家書万金、何よりも私を励ましてくれました。
  5. 祖母は、全てを見透かすかのように、タイミングよく私に励ましの手紙をくれ、それはすべて家書万金でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事