過小評価【かしょうひょうか】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
過小評価

【読み方】
かしょうひょうか

【意味】
力や価値などを実際よりも低く評価すること。「過小」は度を超して低く見ること。「評価」は価値を判断すること。


過小評価(かしょうひょうか)の使い方

ともこ
健太くん。この仕事を放課後までにやっておいてちょうだい。
健太
ええっ。僕には無理だよ。明日までかかってしまうよ。
ともこ
そんなに自分を過小評価するものじゃないわ。健太くんにならお昼休みの間にでも終わらせることが出来るわ。・・・本当は、面倒くさいだけでしょう?
健太
・・・ばれたか。

過小評価(かしょうひょうか)の例文

  1. 彼は、体が小さかったので過小評価されていたけれども、高校在学中に30㎝身長が伸び、偉大な選手になりました。
  2. 健太くんは、いつも優秀なともこちゃんの陰に隠れて、過小評価されてしまうところがあります。
  3. 私は、健太くんのことをこれまで過小評価していたことに気が付き、反省しました。
  4. 健太くんは、空手の試合で相手を過小評価したことはありませんでした。
  5. ともこちゃんは女性だから、か弱いと過少評価されがちですが、本当は、金太郎並みに力持ちなんです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事