佳人薄命【かじんはくめい】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
佳人薄命

【読み方】
かじんはくめい

日本漢字能力検定
3級

【意味】
「佳人」は容姿の美しい女性のこと。または、品格や知性のある女性のこと。「薄命」は短命なこと。運命に恵まれないこと。美しい女性は運に恵まれずに不幸せなことが多いという意味。または、美しい女性は病気や事故などに遭いやすく、一生が短いことが多いという意味。

【語源由来】
蘇軾「薄命佳人」より。

【類義語】
・紅顔薄命(こうがんはくめい)
・才子多病(さいしたびょう)
・美人薄命(びじんはくめい)

【英語訳】
The fairest flowers soonest fade.
Beauty and long life seldom go hand in hand.
Beautiful women are liable to misfortune.
God takes soonest those he loveth best.
(Those) Whom the gods love die young.

【スポンサーリンク】

佳人薄命(かじんはくめい)の使い方

ともこ
お隣の美人で有名だったお姉さんが急に亡くなったのよ。
健太
ええっ。あの美人で優しくて、完ぺきだったお姉さんが亡くなったの?佳人薄命って本当だね。
ともこ
良い人は、神様に愛されているから、早く亡くなってしまうのかしら。
健太
そうだね。生きることはつらいことでもあるから、早くに神様のそばに召されていくのかもね。

佳人薄命(かじんはくめい)の例文

  1. 佳人薄命という言葉にあるように、僕の妻は非常に美人だったが、若くして亡くなった。
  2. 佳人薄命という言葉があるのだが、うちの娘は相当な器量よしだから心配である。
  3. 佳人薄命という言葉があるように、我が家では、子孫を残すために、我が強い、美しくない嫁をもらえという家訓がある。
  4. 佳人薄命という言葉の通り、私の祖母は、相当美しい人だったが、母を生んですぐ亡くなったらしい。
  5. 佳人薄命というから、君は長生きしそうだね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事