回天動地【かいてんどうち】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
回天動地

【読み方】
かいてんどうち

【意味】
天を驚かし、地を動かすこと。転じて、時勢を一変させ、世の中をひどく驚かす出来事、驚くべき様子。

【類義語】
・驚天動地(きょうてんどうち)
・震天駭地(しんてんがいち)
・震天動地(しんてんどうち)


回天動地(かいてんどうち)の使い方

ともこ
あの人がアメリカ大統領にえらばれるなんてね。
健太
まさに回転動地だよね。
ともこ
これから世界が大きく変化していくんでしょうね。
健太
株を買っておこうかなあー。

回天動地(かいてんどうち)の例文

  1. 健太くんの発表した研究は、回天動地の偉業だ。
  2. 驚くべき回天動地の大成功を収めた。
  3. 回天動地の大事件が生じ、ともこちゃんは驚き啞然としている。
  4. ともこちゃんは回天動地の功績を残す偉大な人物になるでしょう。
  5. 健太くんからもたらされた報告は回天動地だった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事