桂冠詩人【けいかんしじん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
桂冠詩人

【読み方】
けいかんしじん

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
イギリスで国王から任命され、王室のために慶弔に詩を作ることを義務とした詩人。現在は慶弔に詩を作ることは任意となり、終身年俸が与えられる。詩人としては最高の称号で、大変名誉なこととされる。「桂冠」は、「月桂冠」の略で、月桂樹の枝葉で作った冠のこと。古代ギリシアで英雄やすぐれた詩人に月桂冠を与えたことから。中世イタリアではペトラルカ、近世イギリスではワーズワース、テニアンらがこの称号を受けた。

【類義語】
・欽定詩宗(きんていしそう)


桂冠詩人(けいかんしじん)の使い方

ともこ
健太くん。詩を書いているの?
健太
うん。将来、偉大な桂冠詩人になるかもしれないよ。
ともこ
それは楽しみね。日本人では池田大作さんが、1981年に世界芸術文化アカデミーから桂冠詩人、1995年に世界詩歌協会から世界桂冠詩人の称号を授与されただけよ。それに続けるようにかんばってね。
健太
うん。2人目の桂冠詩人を目指して頑張るよ。

桂冠詩人(けいかんしじん)の例文

  1. 1341年、イタリアの詩人ペトラルカがローマの元老院から桂冠詩人の称号を与えられました。
  2. 歴代の桂冠詩人には、かの有名なワーズワースが選ばれています。
  3. ウィリアム・モリス氏は、桂冠詩人に推薦されましたが信条に反すると辞退しました。
  4. 桂冠詩人は終身年俸制でしたが、ジョン・ドライデンは、生前に桂冠詩人の座を降ろされています。
  5. ダンテほどの人が、桂冠詩人になることを望んだにもかかわらず、かないませんでした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事