傾危之士【けいきのし】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
傾危之士

【読み方】
けいきのし

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
言葉や策謀で、国を混乱させ傾けて危うくする危険人物のこと。

【語源・由来】
「史記「張儀伝・賛より。「傾危」は傾いて危ない様子。


傾危之士(けいきのし)の使い方

健太
この前来た転校生は、早くも生徒会長に気に入られているよね。
ともこ
そうなのよ。どうやってお近づきになったのかしら。結構、策略家なのかもしれないわね。
健太
彼のことが、生徒会を乗っ取って、この学校を転覆させようとしている傾危之士に見えてくるよ。
ともこ
まさかあ。・・・でも自信を持って否定はできないわね。

傾危之士(けいきのし)の例文

  1. 彼の選挙演説を信じて投票したのに、傾危之士だった。
  2. あの社員は、いずれ危之士になり、会社の存続を危うくする存在に思えるので、今のうちに首にしておいたほうが良いですよ。
  3. 美しい国を目指そうときれいごとを言っているけれども、彼は、傾危之士、日本をだめにするでしょう。
  4. 政治家がばか者の集団では、国はもたないと発言していた彼こそが、傾危之士でした。
  5. 若者が政治に対する興味を失うと、傾危之士が現れ、政治が崩壊することになります
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事