繋影捕風【けいえいほふう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
繋影捕風

【読み方】
けいえいほふう

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
雲をつかむようなとりとめなくあてにならないたとえ。風をつなぎとめ、影をつなぎとめる意で、とてもできないことをいう。

【語源・由来】え
「漢書」郊祀志・下より。

【類義語】
・繋風捕影(けいふうほえい)
・捕風捉影(ほふうそくえい)


繋影捕風(けいえいほふう)の使い方

健太
ともこちゃん。来年の夏休みの宿題は自分でやるから、今年は手伝ってよ。
ともこ
健太くんの言う事は、繋影捕風だからだめよ。絶対に来年も宿題を手伝ってって頼みに来ると思うわ。
健太
そうなったら、来年の僕に怒ってよ。今の僕を助けてよ。
ともこ
未来の健太くんも今、ここにいる健太くんも同じよ。

繋影捕風(けいえいほふう)の例文

  1. 彼との口約束は繋影捕風なのでお金を貸してはいけません。
  2. 彼の発言は繋影捕風だから、彼の力は当てにしないほうが良いと思います。
  3. 健太くんは繋影捕風だから、彼の言う「絶対」は絶対じゃないと思ったほうが良い。
  4. 彼の話は繋影捕風なので、話半分に聞いておけばいいと思います。
  5. 宝くじが当たったら家を買うなんて繋影捕風な話です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事