荊棘叢裏【けいきょくそうり】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
荊棘叢裏

【読み方】
けいきょくそうり

日本漢字能力検定
1級

【意味】
乱臣や逆臣が住んでいる家のたとえ。

【語源・由来】
「花扇」聴稗より。「荊棘」は荊のことで荊に棘があることから、障害になるもののたとえ。「叢裏」は草むらの中のこと。草むら中にひっそりと潜んでいる荊という意味から。


荊棘叢裏(けいきょくそうり)の使い方

健太
ともこちゃん。あそこは、今の市長を裏切ったやつが住んでいる家だよ。
ともこ
あらまあ。あれがうわさの荊棘叢裏?壁に落書きまでされて、相当恨みを買ったのね。
健太
自業自得だよ。大恩ある親友だった市長を裏切ったんだもの。
ともこ
落書きもだめだけど、親友を裏切っちゃだめよね。

荊棘叢裏(けいきょくそうり)の例文

  1. ここは、史上最悪な逆臣と言われる南宋の秦檜の荊棘叢裏です。
  2. この家は、荊棘叢裏、かの有名な明智光秀の子孫の家です。
  3. カエサルが暗殺される時の発言「ブルータスお前もか」で有名なブルータスの荊棘叢裏跡を見てきました。
  4. この遺跡は、朝廷に歯向かった逆賊平将門の荊棘叢裏だと言われています。
  5. 僧侶の身でありながら天皇になろうとした逆賊道鏡の荊棘叢裏は、今はもうありません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事