籠鳥檻猿【ろうちょうかんえん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
籠鳥檻猿

「檻猿籠鳥」ともいう。

【読み方】
ろうちょうかんえん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
自由を奪われ自分の思いどおりに生きることのできない境遇のたとえ。

【語源・由来】
白居易の文より。かごの鳥とおりの中の猿。


籠鳥檻猿(ろうちょうかんえん)の使い方

ともこ
健太くんは、大富豪の御曹司でお金に何不自由なく育っていいわよね。
健太
そういわれることがよくあるんだけど、籠鳥檻猿なんだよ。
ともこ
ええーっ。どこが?
健太
ミュージシャンになりたいのに、僕の未来は会社を継ぐことって決まっているんだ。間違いなく籠鳥檻猿だよ。

籠鳥檻猿(ろうちょうかんえん)の例文

  1. 健太くんに借りを作ったが最後、籠鳥檻猿な生活が待っていることになるよ。
  2. 編集者の指示通りで、自分が思うような作品をかけない今の状況は籠鳥檻猿です。
  3. 過保護な母との生活は籠鳥檻猿、囚われているようで息苦しいものでした。
  4. 籠鳥檻猿の心境でしたが、制限がある中で最高の仕事をする、これもまた楽しいと思えるようになりました。
  5. 受験生となってからは、まさに籠鳥檻猿、青春を謳歌することができない自由が全くない生活です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事