千秋万歳【せんしゅうまんざい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
千秋万歳

【読み方】
せんしゅうまんざい

「せんしゅうばんざい」「せんしゅうばんぜい」とも読む。

【意味】
歳月の非常に長いこと。また、長寿を祝う言葉。

【語源・由来】
「千」「万」は数の非常に多いことを示す。「秋」「歳」はともに年のこと。千年、万年の非常に長い年月の意。「万歳」は「ばんぜい」「まんざい」とも読む。

【典拠・出典】
韓非子』「顕学」

【類義語】
鶴寿千歳(かくじゅせんさい)
千秋万古(せんしゅうばんこ)
・千秋万世(せんしゅうばんせい)
天保九如(てんぽうきゅうじょ)
南山之寿(なんざんのじゅ)


千秋万歳(せんしゅうまんざい)の使い方

健太
この前、ぼくのひいおばあちゃんの誕生日のお祝いをしたんだ。
ともこ
健太くんのひいおばあちゃんは、今年で百歳を迎えたって本当なの?
健太
そうなんだ。とても元気で長生きしてくれて、うれしいよ。
ともこ
千秋万歳ね。

千秋万歳(せんしゅうまんざい)の例文

  1. 千秋万歳といって、おじいちゃんの長寿のお祝いをした。親戚一同が集まって、おじいちゃんはとてもうれしそうだった。
  2. 千秋万歳というほどの月日が流れても、このことは忘れられないだろう。
  3. 長生きなんてするものじゃないと、祖母はよく言うけれど、私は祖母が長生きしてくれて、千秋万歳だとうれしく思っている。
  4. 千秋万歳と、長寿のお祝いをしてもらって、うれしいけれど少し恥ずかしいような気持になった。

まとめ

千秋万歳というように、非常に長い時間がかかることや、また長生きをするということは、簡単にできることではないのではないでしょうか。
特に、長寿とはとてもおめでたいことですね。
長く生きるということは、たくさんの苦労もあることでしょう。しかし、たくさんの幸せも得ることができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索