朝三暮四【ちょうさんぼし】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
朝三暮四

【読み方】
ちょうさんぼし

【意味】
目の前の違いに心を奪われて、結果が同じになることに気がつかないこと。また、ことば巧みに人をだますこと。

【語源・由来】
宋の狙公(そこう)が飼っていた猿に橡(とち)の実を与えるとき、朝に三つ、夕方に四つやろうと言うと怒ったので、それなら朝に四つ、夕方に三つやろうと言うと大喜びしたという、『列子』『荘子』にある寓話に基づく。

【類義語】
朝四暮三(ちょうしぼさん)
三百代言(さんびゃくだいげん)

【対義語】

【英語訳】

【スポンサーリンク】

朝三暮四(ちょうさんぼし)の使い方

ともこ
ちょっと!この前貸した500円、まだ返ってきてないんだけど!
健太
あ、ごめん。忘れてた。
お詫びに、500円返すかわりに、明日、学校の隣のカフェで期間限定のスペシャル抹茶ラテおごるよ。
ともこ
本当~!?やった~!!
期間限定のスペシャル抹茶ラテ、飲みたかったんだよね~。
健太
(その期間限定のスペシャル抹茶ラテ、500円なんだけどね。これこそまさに、朝三暮四だなあ。)

朝三暮四(ちょうさんぼし)の例文

  1. 彼女はこの前買い物に行った時に、おばさんの巧みな言葉にだまされて、定価と変わらない商品をお得だと思って買ってしまった。これぞ、朝三暮四である。
  2. 私の妹は、私が「夕食後にケーキを一緒に食べよう」と誘ったら嫌がったが、「じゃあ今ケーキを一緒に食べよう」と言ったらとても喜んだ。このようなことを朝三暮四というのかと思った。
  3. 注意力、判断力が低下すると、朝三暮四の状況になりやすい。だから、私はだまされないようにいつでも気をつけていようと思う。
  4. 朝三暮四がよくあることなのは、人間が自分にとって魅力的なものに心を奪われてしまうからである。魅力的なものに心を奪われれば、正常な判断ができなくなってしまうのも、仕方のないことである。

まとめ

「朝三暮四」は、『列子』『荘子』にある寓話に基づいた四字熟語です。一度、「朝三暮四」のもとになったお話を読んでみると面白いと思います。猿にかぎらず、人間も、自分の好きなもの、自分にとって魅力的なものを手に入れたいと思った時、そのことにとらわれて、判断力が鈍り、その結果、だまされてしまう、まさに朝三暮四となってしまうことがあります。また、後先考えずに利益のために他人をだましてしまう人もいます。そのようなことを防ぐためには、私たちは朝三暮四を他人事と考えずに、「朝三暮四」という言葉とその意味を心に留めておいて、ふとした時にそれを思い出して、気をつけていかなくてはなりません。

【スポンサーリンク】

合わせて読みたい記事