荊棘銅駝【けいきょくどうだ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
荊棘銅駝

【読み方】
けいきょくどうだ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
国が滅ぼされることを嘆くことのたとえ。「銅駝の荊棘中に在るを歎く」を略した言葉。

【語源・由来】
「晋書」索靖伝より。「荊棘」は荊(いばら)、または、障害・妨げとなるもの、困難のこと。「銅駝」は銅製のらくだの像のこと。宮殿が破壊されて、飾ってある銅のらくだが打ち捨てられるの嘆いたという故事から。

【類義語】
・銅駝荊棘(どうだけいきょく)


荊棘銅駝(けいきょくどうだ)の使い方

健太
日本はこの先どうなるんだろう。先行きが不安になるよ。
ともこ
そうね。気候は亜熱帯化しているし、景気回復の実感はわかないし、国が滅びゆく過程をみているかのようね。
健太
あー。暗い未来を思ったら、だんだん憂鬱になってきたよ。
ともこ
だめよ。未来ある若者が荊棘銅駝していたら、本当に滅びるわ。あきらめずに、明るい未来のために行動するのよ!

荊棘銅駝(けいきょくどうだ)の例文

  1. いつの世も、最も弱い立場の農民は、戦争が起こるたびに、荊棘銅駝するしかありませんでした。
  2. 東京大空襲の時、祖父は、もうこの国はだめだと荊棘銅駝したそうです。
  3. 黒船を見て、恐れおののき、勝てるわけがないと荊棘銅駝しました。
  4. 国が滅びようとしている時、国民は荊棘銅駝しましたが、時代を嘆くより時代を変えることにしました。
  5. 清が滅びるとき、ラストエンペラー溥儀は、紫禁城を見ながら荊棘銅駝したそうです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事