毀誉褒貶(きよほうへん)の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】
毀誉褒貶

【読み方】
きよほうへん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
褒めたり悪口を言ったりすること。さまざまな世評。
「毀」と「貶」は、そしること、「誉」と「褒」は、ほめること。

【語源・由来】
(毀誉)『論語』衛霊公
(褒貶)『漢書』芸文志

【類義語】
・雲翻雨覆(うんぽんうふく)
・賛否両論(さんぴりょうろん)

【英語訳】
praise and censure


毀誉褒貶(きよほうへん)の使い方

健太
ともこちゃんは、優秀だけど・・・、優秀だからこそ毀誉褒貶半ばな評価を受けているよね。
ともこ
出る杭は打たれる運命なのよ。私を批判するような人たちは、所詮負け犬だから、気にしないの。
健太
そういう所が、批判を受けてしまう理由なんじゃないかな・・・。せっかく優秀なんだから、みんなを手のひらで転がすように、言うこと聞かせるくらいにしてしまえばいいのに。
ともこ
そんな事には興味が無いもの。褒められようと思って頑張っているわけでもないし、毀誉褒貶はまったく気にしていないわ。

毀誉褒貶(きよほうへん)の例文

  1. 世間の毀誉褒貶をいちいち気にしているようでは、政治家として信念を持った行動ができないのだ。
  2. 意表をついた彼の作品が、毀誉褒貶半ばしているというのは、とても興味深いことです。
  3. 彼の描いた絵本は、大人たちからは不評で、不買運動がおこるほどだったが、子供たちにはとても受けて、世代を超えての毀誉褒貶な作品となった。
  4. 彼自身が毒舌家であることから毀誉褒貶の激しい人物であり、発言を不快に思った人たちから批判されることも多い。
  5. 権力を手中にした女性は、男性陣からの毀誉褒貶が避けられないものなので、出世した後も彼女は苦労するのだろうが、きっとそれも切り抜けるのだろうな。
  6. 見栄を張り、人のうわさを気にするような人ならいざ知らず、彼は、そんな毀誉褒貶に心を左右される人物ではありません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事