荊妻豚児【けいさいとんじ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
荊妻豚児

【読み方】
けいさいとんじ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
自分の妻や子のことを卑下していう言葉。

【語源・由来】
「荊妻」は荊(いばら)のかんざしをさしている妻のこと。「豚児」は豚の子という意味。

【類義語】
・愚妻愚息(ぐさいぐそく)


荊妻豚児(けいさいとんじ)の使い方

ともこ
うちのお母さんが、昨日からストライキしていて家事を一切しないのよ。
健太
一体全体、ともこちゃんの家で何があったの?
ともこ
お父さんが、家族を紹介する時に、ここにいるのが荊妻豚児ですって言ったのよ。それでお母さんは怒ってしまったの。
健太
それはお父さんが悪いよね。今日は外食に行って、お母さんの機嫌を取るべきだね。

荊妻豚児(けいさいとんじ)の例文

  1. 荊妻豚児と紹介されて、奥さんとお子さんの顔が引きつっているのがわかりました。
  2. ご家族を荊妻豚児とへりくだって紹介されて、こっちが返答に困ってしまいました。
  3. 荊妻豚児だけど、私の最愛の家族です。
  4. 健太くんは、荊妻豚児なんて言わない、私の愛するワイフとベイベーはと言います。
  5. 荊妻豚児と家族を紹介したけれども、本当は内心、日本一の妻と子供だと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事