厥角稽首【けっかくけいしゅ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
厥角稽首

【読み方】
けっかくけいしゅ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
最も礼儀正しく、心のこもった敬礼をすること。

【語源・由来】
「孟子」尽心・下より。「厥角」と「稽首」はどちらも地面に頭を着けてする礼のこと。


厥角稽首(けっかくけいしゅ)の使い方

ともこ
昨日、学校から帰る途中で健太くんを見かけたわよ。
健太
えっ。どこで?声をかけてくれればよかったのに。
ともこ
空手の先生を見送るところだったわ。健太くんが、先生が見えなくなるまで厥角稽首していたから、偉いなと思って見ていたのよ。何だか声をかけることが出来なかったのよ。
健太
ええっ。見られていたなんて、何だか恥ずかしいな。次は声をかけてよー。

厥角稽首(けっかくけいしゅ)の例文

  1. 社長が来たので、社員一同、厥角稽首して出迎えました。
  2. 健太くんは、多感な思春期の頃、客に厥角稽首するお父さんを格好悪いと思っていたことがありました。
  3. いつもお世話になっている町会長さんがいたので、厥角稽首してあいさつしました。
  4. 選手が、ご観覧なされている皇室の方に向けて、厥角稽首しました。
  5. 健太くんは、神社の鳥居をくぐる時、必ず厥角稽首してから鳥居をくぐります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事