高楼大廈【こうろうたいか】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
高楼大廈

【読み方】
こうろうたいか

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
大きな建物のこと。豪壮な建物のこと。

【語源・由来】
「廈」は家、大きい建物のこと。「楼」は二階建て以上の建物のこと。

【類義語】
・大廈高楼(たいかこうろう)

【スポンサーリンク】

高楼大廈(こうろうたいか)の使い方

健太
夏休みに家族でニュ-ヨークに行ってきたんだけど、高楼大廈ばかりだったよ。
ともこ
東京よりすごいの?
健太
うん。世界の中心は違うね。見上げるとビルばかりで、空がわずかに見えるだけだったよ。
ともこ
へえ。行ってみたいなあ。

高楼大廈(こうろうたいか)の例文

  1. 駅前の再開発で高楼大廈が増え、ビル風が吹き荒れています。
  2. 国内はマンションの建設ラッシュで、この町でも高楼大廈がたくさん建設されています。
  3. マンションが高楼大廈だと台風が来た時に揺れて、船酔いのような症状になるらしいから、買うなら低層マンションがいいなあ。
  4. 初めて見たスカイツリーは高楼大廈で、空を突き抜けて宇宙までいっているんじゃないかと心配してしまうほどでした。
  5. 僕たちの遊び場だった野原が開発され、今では高楼大廈が立ち並び、大変つまらない町になりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事