見縫挿針【けんほうそうしん】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
見縫挿針

【読み方】
けんほうそうしん

【意味】
ほんの少しの時間や空間でも無駄にしないこと。隙間を見たら針をさすという意味から。


見縫挿針(けんほうそうしん)の使い方

健太
ともこちゃん。僕の部屋を片付けてくれるっていうけれども、この散らかり方じゃ、無理なんじゃないかな。
ともこ
こことここのすき間を利用して、すき間収納を作れば、この辺のものはすべて収納できるわよ。
健太
ほー。そうしたら、かなりすっきりするね。見縫挿針が上手だね。
ともこ
整理整頓は、すき間活用が重要なのよ。

見縫挿針(けんほうそうしん)の例文

  1. ともこちゃんは、見縫挿針するのが上手なので、すき間時間を活用して勉強の効率をアップさせている。
  2. 多忙なはずの健太くんが多趣味なのは、見縫挿針というように、空いた時間を無駄にしないからです。
  3. 見縫挿針のプロであるともこちゃんは、ライフオーガナイザーの資格を持っている。
  4. 健太くんは、見縫挿針し、土地を有効活用している。
  5. ともこちゃんは、見縫挿針することで、生産性を上げた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事