鶏群一鶴【けいぐんのいっかく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
鶏群一鶴

【読み方】
けいぐんのいっかく

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
多くの凡人の中に、一人だけきわだってすぐれた人がいることのたとえ。

「鶏群」は、鶏の群れ。「一鶴」は、一羽の鶴のこと。鶏の群れの中に一羽だけ鶴が混じっているという意から。「掃き溜めに鶴」と同意。

【語源・由来】
『晋書』嵆紹


鶏群一鶴(けいぐんのいっかく)の使い方

健太
ともこちゃんは、この学校の鶏群一鶴とも、一輪の花とも言われているんだよ。
ともこ
ええーっ。どうして?
健太
地味な顔の子が多い中で、一人だけ顔面偏差値が高いんだもの。
ともこ
それは、他の女子生徒に対して失礼よ。

鶏群一鶴(けいぐんのいっかく)の例文

  1. 鶏群一鶴だった優秀なともこちゃんは、周囲から浮いていた。
  2. こんな片田舎に健太くんのような優秀な人がいるなんて、鶏群一鶴だな。
  3. アイドルの原石である鶏群一鶴を探すために、健太くんはあえて、地方に足を運ぶ。
  4. 僕たちのような三流が集まる学校に、鶏群一鶴といえるともこちゃんが在籍していたことは、今でも謎だ。
  5. 県大会予選敗退の我が校では、甲子園出場クラスの実力がある健太くんは鶏群一鶴だ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事