長夜之飲【ちょうやのいん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
長夜之飲

【読み方】
ちょうやのいん

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
昼夜を通しての大宴会。夜が明けても窓や戸を閉じて灯をともし続けて酒宴を張ること。

【語源・由来】
『史記』「殷紀」より。殷の紂王が酒池肉林の大宴会をした故事から。一説にこの酒宴は百二十日続いたといわれる。

【類義語】
・酒池肉林(しゅちにくりん)
・長夜之楽(ちょうやのたのしみ)


長夜之飲(ちょうやのいん)の使い方

健太
今朝、ようやく父さんが帰ってきたんだ。
ともこ
家出をしていたの?
健太
違うんだ。長夜之飲を催していたんだよ。それでやっと帰ってきたんだ。
ともこ
へえ。楽しそうだけど大変そうね。

長夜之飲(ちょうやのいん)の例文

  1. 健太くんのお兄さんがやっと結婚の意思を固めたので、友人たちはお祝いのため長夜之飲を開き飲み続けました。
  2. 知り合いの店だったので長夜之飲というように、エンドレスな飲み会を開きました。
  3. その宴は長夜之飲だったので、仮眠をとりながら最後まで参加しました。
  4. 隣の家で長夜之飲が催されていて、もうかれこれ一週間、昼夜を問わずうるさいです。
  5. 三日三晩の長夜之飲が開かれましたが、僕は二日目にこっそり抜け出したので詳しいことはわかりません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事