勤王攘夷【きんのうじょうい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
勤王攘夷

「勤皇攘夷」とも書く。

【読み方】
きんのうじょうい

【意味】
天皇に忠勤を尽くし、外国人を追い払うこと。江戸末期、勤王の志士が唱えた主張。

【語源由来】
「勤王」は、天皇に忠義を尽くすこと。「攘夷」は、異民族を追い払うこと。「攘」は、追い払うこと。「夷」は、異民族。

【典拠・出典】

【類義語】
・尊皇攘夷(そんのうじょうい)


勤王攘夷(きんのうじょうい)の使い方

健太
江戸末期に、勤王攘夷の思想が広まっていったんだよね。
ともこ
そうなのよ。もともとは、勤王攘夷は、古代中国の周代で、楚の侵略を打ち払うという意味で使われていたみたいよ。知らんけど。
健太
知らんけどって・・・。
ともこ
あはは。冗談よ。

勤王攘夷(きんのうじょうい)の例文

  1. 健太くんは勤王攘夷の敵とみなされ、命を狙われている。
  2. 健太くんのお父さんは、勤王攘夷の急先鋒として投獄された。
  3. ともこちゃんは密かに勤王攘夷論を唱え、仲間を増やしていった。
  4. 勤王攘夷派への見せしめとして、健太くんは火あぶりにされた。
  5. 徐々に、勤王攘夷論が支配的になっていった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索