勤王討幕【きんのうとうばく】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
勤王討幕

「勤皇討幕」とも書く。

【読み方】
きんのうとうばく

【意味】
天皇に忠勤を尽くし、幕府を打ち倒すこと。

「勤王」は、天皇に忠義を尽くすこと。「討幕」は、徳川幕府を打ち倒すこと。

勤王討幕(きんのうとうばく)の使い方

健太
江戸時代末期、勤王討幕の声が高まっていったんんだよね。
ともこ
そうなの。その結果、260年余り続いた江戸幕府に幕がおろされたのよ。
健太
黒船来航がなかったら、今でも武士が闊歩する国だったかな。
ともこ
歴史にifは無いから、わからないわね。

勤王討幕(きんのうとうばく)の例文

  1. 健太くんは、勤王討幕の志士の一人だ。
  2. ともこちゃんは、勤王討幕の密談のため、遊びに来た体を装って、健太くんの家にやってきた。
  3. 日毎に、勤王討幕を唱える諸藩が増えていった。
  4. 健太くんは、勤王討幕派だとばれて投獄されてしまった。
  5. 西郷隆盛は、勤王討幕をおこそうと画策しているようだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事