緯武経文【いぶけいぶん】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
緯武経文

【読み方】
いぶけいぶん

日本漢字能力検定
4級

【意味】
学問と武術の両方を重んじて、国や政治の基礎にすること。文武を兼ね備えること。

【語源由来】
「緯」は横糸、「経」は縦糸、「武」を横糸に、「文」を縦糸にして美しい布を織る意から。

【類義語】
・文武両道(ぶんぶりょうどう)

【英語訳】
foundation of politics with regarding sports and scholarship

foundationは「土台」という意味の名詞。politicsは「政治」という意味の名詞。regardは「考える」という意味の動詞。scholarshipは「学問」という意味の名詞。
英文例
その政府は緯武経文な政治を行った。The government did the foundation of politics with regarding sports and scholarship.
【スポンサーリンク】

緯武経文(いぶけいぶん)の使い方

ともこ
野球部のキャプテンって、学校内で結構有名なのね
健太
まあね、スポーツも勉強もできるからね
ともこ
緯武経文なのね、すてきだわ
健太
ぼくもそう言われたいなぁ

緯武経文(いぶけいぶん)の例文

  1. その政治家は、後に緯武経文の政治を行ったとして大いに評価された。
  2. 当時の政府は、緯武経文を柱に据えると宣言していた。
  3. 彼は学校内でも緯武経文としてとても有名だ。
  4. 部活動をしていても学業を疎かにせず、緯武経文を目指さなければいけない。
  5. 緯武経文な政治は、国を活性化する。

まとめ

「緯」は横糸、「経」は縦糸、「武」を横糸に、「文」を縦糸にして美しい布を織ることから、緯武経文(いぶけいぶん)は、武道と学芸の両方に重きをおくことを意味する言葉となりました。スポーツをがんばっている人も、できるだけ緯武経文(いぶけいぶん)を目指したいところですが、スポーツと学業を両立するのはなかなか難しいことです。しかし、あきらめずに頑張れば、きっとやれると思います。緯武経文(いぶけいぶん)の語源となっている、武を横糸、文を縦糸にした美しい布を織り上げられるよう、頑張りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事