奇策妙計【きさくみょうけい】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
奇策妙計

【読み方】
きさくみょうけい

日本漢字能力検定
4級

【意味】
他の人の思いつかないような奇抜ですぐれた計略。「奇策」は人が思いつかない奇妙な策のこと。「妙計」はすぐれた計略のこと。

【類義語】
・妙計奇策(みょうけいきさく)

【スポンサーリンク】

奇策妙計(きさくみょうけい)の使い方

健太
ともこちゃん。何を悩んでいるの?
ともこ
せっかく吹奏楽部の部員が増えたのに、楽器が足りないの。何か奇策妙計はないかしら?
健太
うーん。そういえば、学校の楽器はベルマークで購入できるらしいよ。町中の人や郊外の大型ショッピングセンターに声をかけて集めようよ。
ともこ
それはいいわね。すぐにお願いしてみましょう。

奇策妙計(きさくみょうけい)の例文

  1. 一休さんは、困った時に奇策妙計を考え出し解決してくれる頼もしい修行僧でした。
  2. 頭をひねって奇策妙計を出したので、きっとこの企画は成功すると思います。
  3. 三人寄れば文殊の知恵というように、私達三人が知恵を絞れば、奇策妙計が思いつくはずよ。
  4. 奇策妙計で彼女にプロポーズしたので、彼女は感動のあまり泣いてしまいました。
  5. 健太くんの10歳の誕生日は、普通にお祝いするのではなく、奇策妙計を凝らした記念になるものにしたいと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事