橘中之楽【きっちゅうのたのしみ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
橘中之楽

【読み方】 
きっちゅうのたのしみ

「きっちゅうのらく」とも読む。
日本漢字能力検定
準1級

【意味】
将棋や囲碁をする楽しみのこと。「橘」はみかんのこと。

【語源・由来】
「幽怪録」より。中国の巴邛(きょう)の人が大きなみかんの実を割ると、中に二人の老人がいて、囲碁を打って楽しんでいたという故事から。

【スポンサーリンク】

橘中之楽(きっちゅうのたのしみ)の使い方

健太
父さんが、退職したら毎日、橘中之楽にふけりたいって言っているんだ。
ともこ
へえ。誰か対戦してくれる相手がいるの?
健太
うん。近所に囲碁仲間がたくさんいるんだ。
ともこ
いいわねえ。楽しい老後になりそうね。

橘中之楽(きっちゅうのたのしみ)の例文

  1. 雪国なので、冬は外出もままならないけれども、私には橘中之楽があるので構わない。
  2. 橘中之楽があるからなのか、祖父は呆けしらずでまだまだ若々しいままです。
  3. 今日は、久しぶりの休み、友人を誘って、ゆっくりと橘中之楽を味わおう。
  4. こんなどしゃぶりの雨の日は、橘中之楽、だれかと将棋を指したいものです。
  5. 橘中之楽を一緒に味わえる、囲碁をたしなむ友人が側にいてくれたら、どんなに幸せなことでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事