揚眉吐気【ようびとき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
揚眉吐気

【読み方】
ようびとき

「眉を揚げて気を吐く」とも読む。
日本漢字能力検定
準1級

【意味】
やるべき事を成し遂げて喜ぶさま。気がかりだったことが思い通りできて、それまで抑圧されていた気持ちが解放され、喜び楽しむさま。また憤怒するさまにもいう。

【語源・由来】
李白の「与韓荊州書」より。「揚眉」は眉を揚げるという意味。「吐気」は気を吐くという意味で、どちらも意気盛んなさま。

【類義語】
・吐気揚眉(ときようび)


揚眉吐気(ようびとき)の使い方

健太
やったー。志望校に合格したぞー。
ともこ
健太くん。まさに揚眉吐気といった様子ね。
健太
我慢と抑圧の末に得た栄光だもん。うれしすぎるよー。
ともこ
がんばった甲斐があったわよね。

揚眉吐気(ようびとき)の例文

  1. ワールドカップ出場を決めた日本代表の選手たちは、揚眉吐気そのものでした。
  2. 当選して揚眉吐気だった健太くんに、今の結果は誤報だったという絶望的な知らせが届きました。
  3. ともこちゃんは揚眉吐気で、冷静さを失ったようで小躍りしていました。
  4. 揚眉吐気だった健太くんに水を差したくなかったんです。
  5. 判定結果が出た瞬間、揚眉吐気でガッツポーズをしていました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事