肌肉玉雪【きにくぎょくせつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
肌肉玉雪

【読み方】
きにくぎょくせつ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
白く美しい女性の肌を言い表す言葉。

【語源・由来】
韓愈「殿中少監馬君墓誌銘」より。「玉雪」は真っ白で美しい雪のこと。純白で美しい雪のように白い肌という意味から。

【類義語】
・玉肌香膩(ぎょくきこうじ)


肌肉玉雪(きにくぎょくせつ)の使い方

健太
ともこちゃんは、肌肉玉雪だね。とってもきめが細かい白い肌だよね。
ともこ
ありがとう。よく肌肉玉雪だねって褒められるのよ。
健太
そうだろうね。雪の妖精のようだね。触ったらとけてしまいそうだ。
ともこ
やめてよー。そんなに褒められると、照れて、白い肌が赤くなるわ。

肌肉玉雪(きにくぎょくせつ)の例文

  1. 温泉には、肌肉玉雪の女性ばかりいたので、温泉の効果が期待できそうです。
  2. 彼女は、一年中肌肉玉雪、きれいな白い肌で、夏は日に焼けて少々赤くなりますが、すぐ白く戻るのでうらやましいです。
  3. 肌肉玉雪の彼女は、化粧品のモデルをやっています。
  4. 僕の姉は、シミ一つない肌肉玉雪であることを自慢に思っているようです。
  5. 肌肉玉雪を守るために、彼女は幼いころから、外出するときには日傘をさしていました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事