豚蹄穣田【とんていじょうでん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】
豚蹄穣田

【読み方】
とんていじょうでん

【意味】
わずかなものから大きな利益を得ようとすること。

【語源・由来】
「豚蹄」は豚のひづめ。「穣田」は田んぼの豊作を祈るという意味。豚のひづめを供えて、豊作を神に祈るということから。

【典拠・出典】
史記』「淳于髠伝」


豚蹄穣田(とんていじょうでん)の使い方

健太
ともこちゃん。このチョコレートをあげるよ。
ともこ
ありがとう。でも急にどうしたの?
健太
いやあ。実は夏休みの宿題がほとんど手つかずで残っているんだよ。
ともこ
チョコレート一枚で私に夏休みの宿題をさせたいってわけね。豚蹄穣田するなんて図々しいわ。

豚蹄穣田(とんていじょうでん)の例文

  1. 豚蹄穣田していたら、いつの間にか社員がみんないなくなってしまいました。
  2. 健太くんは豚蹄穣田しようとして天罰が下ったようで、利益どころか損失をこうむりました。
  3. 五円玉のお賽銭で難関校の合格を手にしようだなんて、神様はきっと豚蹄穣田だとあきれているよ。
  4. 豚蹄穣田しようとしましたが、後から成功報酬を求められました。
  5. 健太くんは豚蹄穣田しようと、最初の投資は少なめでした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索