輿馬風馳【よばふうち】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
輿馬風馳

【読み方】
よばふうち

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
非常に速いことのたとえ。

【語源・由来】
『桃花仙』「余韻」より。「輿馬」は乗り物と馬の意。「風馳」は風のごとく馳せる、風のように速く走ることをいう。


輿馬風馳(よばふうち)の使い方

ともこ
健太くん。今、ここを黒っぽい服を着た男性がこいでいる自転車が通り過ぎなかった。
健太
輿馬風馳だったから、どんな人が乗っているのか見えなかったけれども、自転車が一台、あっちに向かっていったよ。
ともこ
きっとそれよ。私のカバンをひったくったのよ。
健太
それは大変。輿馬風馳だったから追いつけるかどうかわからないけれども、とにかく追いかけてみよう。

輿馬風馳(よばふうち)の例文

  1. フォーミュラ1、通称F1は、輿馬風馳な自動車のレースです。
  2. 健太くんの馬は輿馬風馳で、一夜で千里を駆け抜けるといわれていました。
  3. 救急車は輿馬風馳で、あっという間に病院に到着しました。
  4. リニア中央新幹線は、時速505kmの輿馬風馳で、東京ー大阪間が67分に短縮されます。
  5. 輿馬風馳な乗り物の開発のおかげで、世界の国々が近くなりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事