方領矩歩【ほうりょうくほ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
方領矩歩

【読み方】
ほうりょうくほ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
儒者の身なりや態度のたとえ。

【語源・由来】
『後漢書』「儒林伝序」より。四角い襟の衣服と正しい歩行のこと。「方」は四角いこと。「領」はえり。「矩」はさしがね。転じて、法。また法に適うことのたとえ。

【類義語】
・縫衣浅帯(ほういせんたい)
・褒衣博帯(ほういはくたい)


方領矩歩(ほうりょうくほ)の使い方

ともこ
方領矩歩の服装をした人があそこにいるわね。
健太
ああ。あれは僕の兄さんだよ。
ともこ
へえ。健太くんのお兄さんは儒者なの?
健太
そうなんだよ。大学で学んでいるりっぱな儒学者なんだよ。

方領矩歩(ほうりょうくほ)の例文

  1. 方領矩歩は今の道徳教育の基礎となっています。
  2. 方領矩歩を着た人たちの話し合いの中で、健太くんだけが浮いていましたが、なぜ彼が参加しているのでしょうか。
  3. いかにも賢そうな、服装が方領矩歩である人に疑問を投げかけられ、どう答えていいのか分からず慌てました。
  4. 方領矩歩を経営に取り入れている経営者が増えているといいます。
  5. 健太くんが方領矩歩を身にまとっていると、とても優秀そうに見えます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事