孤影悄然【こえいしょうぜん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
孤影悄然

「孤影蕭然」とも書く。

【読み方】
こえいしょうぜん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
ひとりっぼちでしょんぼりしている様子。

【語源・由来】
「孤影」は一人だけの寂しそうな姿。「悄然」はしおれて元気がないという意味。

【類義語】
・形影相弔(けいえいそうちょう)
・孤影孑然(こえいけつぜん)
・孤影寥寥(こりつりょうりょう)

【スポンサーリンク】

孤影悄然(こえいしょうぜん)の使い方

健太
ともこちゃん。学校の帰りに、毎日どこに寄り道しているの?
ともこ
おばあちゃんが愛犬が亡くなってから、ずっと孤影悄然としているのよ。だから様子を見に行っているのよ。
健太
そうだったんだね。早く心の傷がいえると良いね。
ともこ
そうね。こんなにかわいい孫がいるんだから、早く生きる気力を取り戻してほしいわよね。

孤影悄然(こえいしょうぜん)の例文

  1. 親友が転校してしまって、健太くんは孤影悄然としているんだよ。
  2. 孤影悄然としていたともこちゃんの笑顔を取り戻すために、いろいろ画策しました。
  3. ああ、もう誰もいないんだと、一人、部屋で孤影悄然としていました。
  4. 退職する車掌さんは、孤影悄然と去っていく電車を見送っていました。
  5. 健太くんは、グループから離れたところで孤影悄然としていました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事