挙一明三【こいちみょうさん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
挙一明三

【読み方】
こいちみょうさん

「一を挙げて三を明らかにす」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
理解力が非常にすぐれていること。

【語源・由来】
「碧巌録」より。仏教の言葉で、四角の一隅を挙げれば、残りの三隅を悟るということから。

【類義語】
・挙一反三(きょいちはんさん)


挙一明三(こいちみょうさん)の使い方

健太
ともこちゃん。先生が明日は雨ですよって言っていたんだ。だから何なんだろうね?
ともこ
雨だからマラソンの練習がないってことね。それに図工の時間の写生も中止になるから、先週の続きをやるために彫刻刀の準備が必要よ。先生はそう言いたかったんだと思うわ。
健太
すごいね。挙一明三じゃないか。
ともこ
これくらい当然よ。

挙一明三(こいちみょうさん)の例文

  1. ともこちゃんは挙一明三だけど、健太くんは三を聞いてようやく一を知るというレベルです。
  2. 師匠は口数が少ないので、弟子には挙一明三が求められます。
  3. ともこちゃんは挙一明三なので、僕のつたない説明でも「こういうことよね?」といって一から十まで理解してくれます。
  4. 健太くんは、挙一明三で、すぐに理解してくれます。
  5. この生徒は、挙一明三なので呑み込みが早いです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事