懸腕枕腕【けんわんちんわん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
懸腕枕腕

【読み方】
けんわんちんわん

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
書道の基本的な筆の使い方のこと。懸腕法と枕腕法のこと。

【語源・由来】
「古今法書苑」より。「懸腕法」は、姿勢を整えて、肘を脇から離して腕を水平に上げ、筆を垂直に持つ書き方。「枕腕法」は、紙の上に左の手のひらを伏せて、左の手を右の手の枕のようにして構える書き方。

【類義語】
・懸腕直筆(けんわんちょくひつ)


懸腕枕腕(けんわんちんわん)の使い方

健太
うーん。何枚書いてもうまくいかないなあ。何でかなあ?
ともこ
書き初めのような大きな文字を書くときは、懸腕枕腕で書くと良いわよ。健太くんが習っている空手も基本を大事にするでしょう?書道も一緒よ。
健太
なるほどー。よしっ。書いてみよう!
ともこ
あら、良いじゃない。見違えるように良くなったわ。

懸腕枕腕(けんわんちんわん)の例文

  1. 懸腕枕腕を気にしながら書いたら、入賞することができました。
  2. 大きい文字には懸腕枕腕を小さい字を書く時は提腕法、枕腕法と使い分けるといいですよ。
  3. 懸腕枕腕を守って書くと生き生きとした字になりました。
  4. 硬筆とは違って、毛筆は懸腕枕腕でまっすぐに筆をもって思いっきり書いてみましょう。
  5. 手本を見ることも大事だけど、懸腕枕腕を気を付けると楽しく伸び伸びと書けるかもしれません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事