紅粉青蛾【こうふんせいが】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
紅粉青蛾

【読み方】
こうふんせいが

【意味】
美人のこと。また、美しい化粧。

【語源・由来】
「紅粉」は、べにとおしろい。脂粉。化粧。「青蛾」は、まゆずみで書いたみどりの眉。蛾眉。転じて、美人の称。

【典拠・出典】
杜審言「戯贈趙使君美人」

【類義語】
・紅口白牙(こうこうはくが)
朱唇皓歯(しゅしんこうし)
明眸皓歯(めいぼうこうし)


紅粉青蛾(こうふんせいが)の使い方

健太
ともこちゃんのお姉ちゃんは紅粉青蛾だね。
ともこ
そうなのよ。ミスコンの覇者なのよ。
健太
それで、妹のともこちゃんは、どうして地味な顔なんだろうね。
ともこ
失礼千万よ。

紅粉青蛾(こうふんせいが)の例文

  1. オーディション会場には紅粉青蛾女性ばかりがいたのだった。
  2. ともこちゃんは紅粉青蛾なので、道行く人が振り返る。
  3. 健太くんは、紅粉青蛾な人が好みなんですよ。
  4. ともこちゃんは紅粉青蛾というより、愛嬌があってかわいんだよ。
  5. 紅粉青蛾の姉を持つ健太くんは、姉を誇りに思っている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索