結縄之政【けつじょうのまつりごと】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
結縄之政

【読み方】
けつじょうのまつりごと

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
古代に行われた政治のこと。

【語源・由来】
「易経」より。文字が存在しなかった時代の政治を行う上での意志の伝達や記録の方法で、大事には大きな縄の結び目を結び、小事には小さな縄の結び目を結んだということから。


結縄之政(けつじょうのまつりごと)の使い方

健太
公文書が残っているとか残っていないとかでもめているけど、破棄して無かったことにするなら、最初から書類を作らなければいいのに。
ともこ
そうね。書類を作成する時間と手間がもったいないわよね。それだったら、結縄之政のように縄の結び目で良いわよね。
健太
無駄に使う前に、税金を恵まれない庶民に再配分してくれればいいのに。
ともこ
頭がいい官僚の考えていることは、庶民には理解できないわよね。

結縄之政(けつじょうのまつりごと)の例文

  1. 結縄之政で使用されたような結縄文字は世界中にありますが、20世紀初頭まで沖縄でも見られました。
  2. 結縄之政は昔の中国で行われていたもので、文字のかわりに縄を結んで政令の符号としました。
  3. 結縄之政の時代にも、結び目の大きさを変える公文書改ざんが存在したのでしょうか。
  4. 結縄之政は古代中国の政治のことですが、古代ペルーでは、納税事務に使用されていました。
  5. 結縄之政を考えた人は、斬新なアイディアの持ち主だったのでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事