撃壌之歌【げきじょうのうた】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
撃壌之歌

【読み方】
げきじょうのうた

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
古代中国の伝説の聖天子である尭帝が国を治めている時代に、世の中が平和であることを喜び、人々が歌った歌のこと。

【語源・由来】
「十八史略」帝尭より。「撃壌」は足で地面を踏み、音を鳴らして拍子をとること。

【類義語】
・鼓腹撃壌(こふくげきじょう)


撃壌之歌(げきじょうのうた)の使い方

健太
なかなか、地球上から戦争や紛争が無くならないね。
ともこ
そうね。今この瞬間にも、どこかで恐怖に震えている人たちがいるかと思うと悲しいわよね。
健太
早く世界中で、撃壌之歌を歌うことができるような世の中になってほしいね。
ともこ
ええ。そのために勉強を頑張って、私たち若者が世の中を良い方向に変えていかないといけないわね。

撃壌之歌(げきじょうのうた)の例文

  1. 撃壌之歌を歌えるような世の中のためなら、多少の犠牲はしょうがないという考えですか?
  2. 撃壌之歌を歌うことが出来る国にするために、私は政治家になりました。
  3. 撃壌之歌を歌っていられるように、武器を放棄しました。
  4. 世界各国が核を一斉に放棄すれば、撃壌之歌を歌うことが出来るかもしれない。
  5. 撃壌之歌を世界中の人間が歌うためには、私利私欲を捨てなくてはいけない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事