行不由径【こうふゆけい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
行不由径

【読み方】
こうふゆけい

「行くに径に由らず」とも読む。

【意味】
裏道や小道などを通らない。常に正道を歩いて公明正大であることのたとえ。

【語源・由来】
「論語」雍也


行不由径(こうふゆけい)の使い方

ともこ
健太くん。生徒会長に就任おめでとう。
健太
ありがとう。まさか僕が選ばれるなんて思わなかったよ。
ともこ
行不由径な健太くんなら選ばれると思っていたわよ。
健太
みんなの期待に応えられるよう頑張るよ。

行不由径(こうふゆけい)の例文

  1. 健太くんの行不由径な性格を、先生たちは評価していた。
  2. ともこちゃんは行不由径な子なので、後輩たちから慕われ信頼されている。
  3. 今年は、優秀な子と言うより、行不由径な子を採用したいと考えている。
  4. 健太くんは、常々、行不由径な人間でありたいと考えている。
  5. 行不由径な人の代表といっても過言ではないともこちゃんは、いつもまっすぐで清々しいくらいだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事