明眸皓歯【めいぼうこうし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
明眸皓歯

【読み方】
めいぼうこうし

日本漢字能力検定
1級

【意味】
美女の形容。美しく澄んだ目もとと、白く美しい歯並びの意から。非業の死を遂げた楊貴妃をしのんで、唐の詩人杜甫が作った詩の語で、もとは楊貴妃の美貌を形容した語。

【語源・由来】
杜甫「哀江頭」より。

【類義語】
・宛転蛾眉(えんてんがび)
・蛾眉皓歯(がびこうし)
・皓歯明眸(こうしめいぼう)
・朱脣皓歯(しゅしんこうし)
・曼理皓歯(まんりこうし)


明眸皓歯(めいぼうこうし)の使い方

健太
ともこちゃんは明眸皓歯だからミスコンテストに出れば優勝できると思うよ。
ともこ
私は身長が低いから無理よ。
健太
いやいや。ともこちゃんの明眸皓歯ぶりに、審査員もメロメロになると思うよ。
ともこ
そうかしら?でてみようかなあ。

明眸皓歯(めいぼうこうし)の例文

  1. 満月の光を浴びたその女性は、かぐや姫かと思うくらいに明眸皓歯な女性でした。
  2. 妹が迷子になっても心配ありません、その明眸皓歯でどこにいるかすぐわかりますから。
  3. 帽子とマスクで隠すには惜しいくらいの明眸皓歯でした。
  4. 彼女は明眸皓歯、誰もが振り返る絶世の佳人でした。
  5. ともこちゃんは、明眸皓歯、頭脳明晰な完璧な女性です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事