博学篤志【はくがくとくし】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
博学篤志

【読み方】
はくがくとくし

「博く学び篤く志す」とも読む。
日本漢字能力検定
3級

【意味】
学問をする場合の教え。また、学問が広く熱心なこと。

【語源・由来】
『論語』「子張」より。広く学んで熱心にこころざすという意味。


博学篤志(はくがくとくし)の使い方

健太
なんで僕は、ともこちゃんと違って成績が悪いんだろうな。
ともこ
博学篤志の精神で勉強をがんばらないからよ。
健太
学びたいという熱量が足りないってこと?
ともこ
好奇心というフィルターを通して色んなことを見ると、興味深くどんどん学びたくなってくるわよ。

博学篤志(はくがくとくし)の例文

  1. 博学篤志なともこちゃんなら、膨大な知識を頭の中におさめているから、すぐに答えがわかると思うよ。
  2. 困ったときは、一人で悩まないで、身近な博学篤志な人に聞くと解決できると思います。
  3. 博学篤志の姿勢で学ぶと、どんどん知識欲が刺激され、勉強が楽しくなってきます。
  4. ともこちゃんは博学篤志だから、その知識は膨大で、動く百科事典と呼ばれています。
  5. 博学篤志をもって学ぶ人たちがいたおかげで、今の便利な生活があるんですよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事