光焔万丈【こうえんばんじょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
光焔万丈

【読み方】
こうえんばんじょう

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
議論や詩文などの勢いが激しく、素晴らしいことのたとえ。

【語源・由来】
韓愈「調張籍」より。「光焔」は燃え上がり輝く炎、「万丈」はこの上なく長いという意味。炎が勢いよくどこまでも燃え上がるという意味から。

【類義語】
・光芒万丈(こうぼうばんじょう)


光焔万丈(こうえんばんじょう)の使い方

健太
光焔万丈で有名な詩人と言えば、李白と杜甫かな。
ともこ
間違いないでしょうね。でも、平成生まれ平成育ちの私は、谷川俊太郎を勧めたいわ。
健太
谷川俊太郎さん、いいねえ。そういえば「ランドセル俳人」という小学生の少年の詩人がいるんだけど知ってる?
ともこ
新聞で読んだわ!彼もすごいわよね。日本にもたくさん後世に名を残しそうな詩人がいるわよ。

光焔万丈(こうえんばんじょう)の例文

  1. ともこちゃんの書く詩は光焔万丈です。
  2. この詩は光焔万丈、最優秀賞は、この詩を作ったこの子にあげたいです。
  3. 健太くんの詩は光焔万丈、私の心を打ちました。
  4. 光焔万丈な詩を書くために、いろんな詩集を読みました。
  5. 感受性が強いともこちゃんの書く詩は光焔万丈です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事