後悔噬臍【こうかいぜいせい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】
後悔噬臍

【読み方】
こうかいぜいせい

【意味】
後になって悔やんでも、いまさらどうしようもないこと。

【語源・由来】
自分のへそを嚙もうとしても嚙むことはできないように、後で悔んでもどうにもならないという意から。

【典拠・出典】
『春秋左士伝』「荘公6年」


後悔噬臍(こうかいぜいせい)の使い方

健太
夏休みの宿題が終わっていないのに、明日から新学期が始まるよ。ちゃんと計画的に宿題をすればよかったー。
ともこ
後悔噬臍よ。来年の夏休みこそは反省して、計画的に宿題をやるべきね。
健太
実は、去年も同じことを言って悩んでいた気がするんだよね。
ともこ
それはもうお手上げね。どうしようもないわ。

後悔噬臍(こうかいぜいせい)の例文

  1. 売り切れてあの時買っておけばよかったと思っても後悔噬臍です。
  2. ダイエット中にケーキを食べて、体重が増えたけれども後悔噬臍です。
  3. ともこちゃんの告白を断らなければよかった、後悔噬臍です。
  4. 後悔噬臍にならないように、常に考えて行動するべきです。
  5. ああすればよかった、こうすればよかったと言ってみても後悔噬臍なので、前向きに善処して生きていったほうが良いと思うわ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索