讒諂面諛【ざんてんめんゆ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
讒諂面諛

【読み方】
ざんてんめんゆ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
人の悪口を言ってこびへつらうこと。

【語源・由来】
『孟子』「告子・下」より。「讒諂」は他の人の悪口を言って人にへつらうこと。「面諛」は人の面前でこびへつらうこと。


讒諂面諛(ざんてんめんゆ)の使い方

健太
ともこちゃん。どうしたの?泣いているの?
ともこ
今度の生徒会役員選挙に立候補するんだけど、ライバルの候補者が、私の悪口を言って、私の票を減らそうとしているようなの。
健太
それはひどい。讒諂面諛なやつだなあ。大丈夫さ。みんなともこちゃんのことを信じて投票してくれるよ。
ともこ
そうだといいんだけど。

讒諂面諛(ざんてんめんゆ)の例文

  1. 彼は、自分の出世のためなら、平気な顔をして人を陥れる讒諂面諛な最低な男です。
  2. 健太くんにともこちゃんの悪口を言って、嫌いになるように仕向けている彼女は讒諂面諛な人です。
  3. ありもしない話をでっちあげて人を貶めるなんて、讒諂面諛な人だ。
  4. 嫉妬にかられて悪口で貶めようとするなんて、讒諂面諛なやつだなあ。
  5. あんな讒諂面諛なやつは、因果応報というように、いつか痛い目を見るに違いない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事