蜉蝣一期【ふゆうのいちご】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
蜉蝣一期

【読み方】
ふゆうのいちご

日本漢字能力検定
1級

【意味】
人生の短くはかないことのたとえ。

【語源・由来】
「蜉蝣」はかげろう、「一期」は一生のこと。かげろうの成虫は、数時間から数日の命と短いことから、はかないことにたとえられる。

【類義語】
・蜉蝣之命(ふゆうのいのち)


蜉蝣一期(ふゆうのいちご)の使い方

ともこ
健太くん。いつまで眠っているつもりなの?
健太
うーん。今日は運動会の振り替え休日なんだから、ゆっくり眠っていても罰は当たらないよ。
ともこ
人の一生は蜉蝣一期、一分たりとも無駄にできないのよ。
健太
わかったよ。今すぐ起きるからそんなに怒鳴らないでよ。

蜉蝣一期(ふゆうのいちご)の例文

  1. 蜉蝣一期な人生だから、毎日できるだけ笑って過ごしたいじゃないか。
  2. 人間の一生は蜉蝣一期というけれども、あっという間に歳をとってしまいました。
  3. 蜉蝣一期といった人生だから、時間は限られています。
  4. 医療の発達で寿命が延びたとはいえ、人の一生は蜉蝣一期、日々を大切に生きていくべきだと思います。
  5. 人間の命は蜉蝣一期、後悔のないようにできる限りのことをしてもがいてみよう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事